2011年前期の振り返り

久しぶりのブログ更新です。遠く(といっても長野県ですが)で働いている若い(とても若い)友人から近況を尋ねられたので・・・
今年の4月から新たな取り組みをスタートさせた結果、私のブログ更新頻度も下がってしまいました。決して仕事していないわけではなく、新しい仕事や企画も沢山入ってきているのですが、ブログに載せられる内容のものが少ないのです。  最近は守秘義務とか個人情報保護が重視されるので、ブログに載せるのにも気を使いますね。今までもけっこうギリギリのところに居たのかも知れません。(^^)

4月からの振り返りです。
4月、新たに東京に行く用事が入りました。ほぼ毎日東京出張?となるので、大月の自宅>甲府の事務所(車移動)>大月>東京出発(JR特急)>大月帰宅、とけっこうハードな半年間を過ごしてきました。  3月から4月中旬で社員研修スケジュールを入れて、半年間は社員研修の仕事をセーブしました・・・というより入れることができませんでした。(私だけです。私以外のスタッフは新人研修やコミュニケーション研修をやっていました。)  民間の研修の仕事は減らしたのですが、逆に大学関係の仕事は大幅に増えました。こちらは一日でなく90分一単位ですのでスケジュール立てやすく東京出張に差しさわりがないからです。それでも大学の駐車場に車停めたまま、甲府から特急で東京に行き、翌日の土曜日に車を引き取りに行く・・・なんていう綱渡りスケジュールですが(^^)
5月、大月>甲府>東京という毎日にも慣れてきたのですが、連休明けにアキレス腱を痛めてランニングができなくなりました。特急列車に間に合わせるために大学から駅までダッシュを繰り返したのが原因です。普段のトレーニングと違い準備運動なしでイキナリ全力疾走するのはダメですね。当たり前ですが、今回思い知りました。
6月、故障が治りきらず練習も不足ですが、MT.富士ヒルクライムに出場しました。タイムは昨年より10分くらい遅いし全力を出し切れませんでした。このレースの翌週には西湖のマラソン大会にエントリーしていたのですが、アキレス腱の腫れが酷いのでかかりつけのお医者さんに診てもらったら「これでレース出たら切れるよ!」とストップがかかりました。結局8月のトライアスロン大会まで、アキレス腱の痛みはひかず、本格的に練習再開できたのは8月のお盆休みからでした。故障からの回復の遅さに年齢を感じました。  会社の仕事の多くはスタッフで処理できているので、私は山梨、東京と大学めぐりをしていました。
7月、夏の研修シーズンがスタートしました。敬語使いや伝言、電話マナーといった一般的な電話応対研修でなく、ハードクレーマー対応とか顧客満足度(CS)対策している会社の電話応対研修ができる会社や講師は少ないです。私も力不足かも知れませんが、ホテルや営業所のフロントスタッフ研修だけでなく、バックヤードの社員含めて全社対応でCS向上するための施策や研修を提供しました。そろそろ私の自由時間もなくなるのか?っと思ったのですが、それほど忙しくもありませんでした。
8月、大学が夏休みなので溜まった仕事の処理に追われている・・・はずだったのですが、スタッフがすべて処理してくれていたので私が処理する仕事が殆んどありませんでした。これって喜ぶべきことです・・・がちょっとさみしい気持ちになりますね。  半年間の振り返りと、今後の戦略策定のために夏期休暇をいただきました。
 
ということで、今年の上半期は充電の半年となりました。新しい出会いにも恵まれ、沢山の学ぶ機会を得ることができました。何を学んだのか、どこで学んだのか、は私の大事な個人情報として保護しておきます。(^^)