悩まずに、まずは無料相談から始めてみませんか。

山梨若者自立支援センター(YYSC)では、まずはご家族のお子さんに対するお気持ちや、これまでの経緯を徹底的にお聞きします。そのうえで、ひきこもっているお子様に対し訪問支援員が関わり、寄り添いながら関係性を築いていきます。

最近では、強制的にひきこもり当事者を連れ出す支援を行っている団体もありますが、当協会ではご家族、ひきこもり当事者とのやり取りする中でそれぞれのペースを考慮しながら、計画性をもって社会へのつなぎを実施していきます。これまでに時間をかけてエネルギーをためてきたお子様が、そのエネルギーを社会に向けられるように訪問支援を行います。

家庭訪問支援は、内閣府が行っている「アウトリーチ(訪問支援)研修」の受講者や、県委託事業若年中間就労支援(シェアワーク)事業経験者、若者サポートステーション事業経験者、生活困窮者自立相談支援経験者、生活保護世帯支援経験者など、公的機関で若者の自立や社会的弱者の支援を行っている経験豊富な支援員が行います。

 

支援概要

山梨若者自立支援センターでは、ひきこもりの方および、そのご家族に対し以下の支援を実施しております。

  • 家庭訪問支援(アウトリーチ支援)
  • 居場所へのつなぎ
  • 中間就労体験
  • 社会参加支援
  • コミュニケーショントレーニング など

 

YYSCの家庭訪問支援の特徴

YYSCの家庭訪問支援は、家族の方との対話から始まります。
家族の困りごと、本人の状況をお聞きし、そのご家庭と本人にどのような支援方法が向いているのかをじっくり検討したうえで自立に向けた支援を行います。
経験豊富な訪問支援員が、ご家庭のこれまでについての様々なことをお聞きし、家庭訪問支援が必要かどうかの判断、本人へのアプローチ方法、担当支援員の選定、訪問頻度など、具体的な支援方策を立て家庭訪問支援を開始します。

  • ご家族、ひきこもりご本人の気持ち、それぞれを尊重した支援
  • ひきこもり当事者に合わせた目標設定、支援計画を立案
  • 自立、進学、就職など「将来の出口」を見据えた支援
  • それぞれのご家庭のペースに合わせた支援の実施
  • 公的支援機関や医療機関と連携した支援を展開


訪問支援について

支援内容はご家族の要望、ひきこもり当事者の状況をお聞きし、より良い支援をご提供できるように個々にカスタマイズいたします。

●支援対象者は概ね15歳から35歳までのひきこもり状態の方と、そのご家族となります。
例えばコンビニやスーパー、書店への買い物、散髪に行っている、家の中の手伝いをしてくれている、などの日常生活活動の様子から「うちの子はひきこもりではない」という親御さんがおりますが、厚生労働省 「ひきこもり」の定義では「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」を「ひきこもり」と定義しています。
(自室から出て家の中で過ごしている、コンビニや書店に行く、というだけの状態は「社会的ひきこもり」と呼ばれており、この段階で社会とより密度の高い接点を持つための環境づくりをすることを強くお勧めします。)

●ご家族のご要望に応じた支援をご提供します。
家庭訪問支援の回数は、ひきこもりご本人の状況により変わるため設定はしておりませんが、一般的な目安として1年間(12回の訪問)を基準に家庭訪問支援を計画します。
(ひきこもりご本人の状況により支援期間が短縮されるなど、支援回数が変動する場合があります。)

●一回の家庭訪問支援は90分程度。
訪問時の主な支援内容は、ひきこもりご本人への声がけ(ドア越し)、ご本人と会える場合には、今後の方向性などについて話をします。会話を通じて、家や部屋から出られる環境づくりを行います。また、ご家族から、家族の状況やご本人の変化の確認などを行い、今後の家庭訪問支援計画の打ち合わせ等を行います。
長い時間をかけた訪問はひきこもり当事者、家族に大きな負担をかけるため、約90分を目安に家族からの聞き取り、ひきこもり当事者へのアプローチを行います。

●ひきこもりご本人の意向に合わせた出口をご用意いたします。
就職、進学、寮生活による生活の立て直しなど、ご本人と話し合いながら出口の方向性を決めていきます。

●支援対象エリア
現在は、山梨県甲府市、中央市、大月市、都留市、富士吉田市を支援エリアとして活動を行っています。支援エリアは今後拡大予定です。

●支援可能日
基本的に電話予約、面談、家庭訪問支援は平日の月~金曜日10:00~18:00となります。土、日曜日、祝日、時間外等の訪問支援は別途ご相談となります。


訪問支援までの流れ

必ず無料相談(2回)を受けていただき、ご本人の状態を確認させていただいてから支援の方向性を検討していきます。
家庭訪問支援をご利用いただく場合、ひきこもりご本人の状態によっては福祉や医療、その他の支援を必要とするケースがあります。そのような場合、家庭訪問支援を開始する前に、ご本人、ご家族を適切な公共支援機関や医療、支援団体等にお繋ぎしております。
また、ご家族が家庭訪問支援の内容をご理解し、納得をされたうえで訪問支援登録をしていただいております。

訪問支援の流れ

1.電話予約
まずはお電話でお気軽にご予約下さい。
当センターでは、ご相談者・ひきこもり当事者の状況把握や、適切な支援機関を判断するために、電話でのご相談は一切承っておりません。
当事者のひきこもり歴や成育歴、学歴、病歴、ご家庭の状況やこれまでの支援の有無など家庭訪問支援に必要なインテーク面談をしっかりと行ったうえで、当センターの家庭訪問支援の方法・詳細、訪問支援のメリット・デメリット、期間や費用などをご説明する必要があるため、面談のみの対応を行っております。

2.初回相談・相談(月1回まで無料)
家庭訪問支援が有効か、どのような支援機関が適切かなど、今後の支援の方向の判断のため、ひきこもり当事者やご家族の状況、当事者の訴えやご家族の要望などについて詳細にお聞かせいただきます。相談内容から医療機関、福祉機関、若年者支援機関、他の支援団体等への繋ぎが適切と判断される場合は、当センターが連携している支援機関、医療機関、団体をご紹介し、お繋ぎいたします。

3.利用相談(無料)
初回相談の結果、ご家族が家庭訪問支援を希望され、かつ、家庭訪問支援の効果が見込めると判断される場合には、今後の家庭訪問支援の流れや支援方針、支援期間、費用などについて双方で確認をしながら、支援計画の準備を行っていきます。

4.訪問支援登録(登録料がかかります)
家庭訪問支援の実施がきまりましたら、当センターへの登録(契約)を行っていただきます。今後の支援方針や支援内容、訪問の回数、訪問のタイミングなど、訪問支援へ向けた具体的な支援計画を立て、支援の内容を決定していきます。

5.訪問支援準備(無料)
家庭訪問支援はご家族の協力が欠かせません。ひきこもり支援の環境づくりのため、当センター内でご家族に対して今後の支援の流れや支援の在り方、お子様とのかかわり方等を訪問支援員からレクチャーを受けたり、訪問支援員との信頼関係を築くなど、ご家族と訪問支援員がタッグを組むための体制づくりを行います。

6.訪問支援の開始(訪問支援料がかかります)
これまでに準備した支援計画に従って訪問支援を開始します。訪問支援時は、改めてご本人の状態、ご家庭の状況、家族の状況、最近のご本人の様子の確認など、家族や関係者の方々からの聞き取り等を行ったうえで、ひきこもり当事者のドア越しに語りかける、と言ったアプローチをしていきます。ご本人と直接お話ができる状態の場合は、じっくりと今後について話をしながら、社会へ出るためのきっかけづくりを行ったり、悩みや課題の解決を支援してきます。
※必ずしも計画通りに支援が行われるわけではありません。支援の流れは当事者の状況により変わる場合があります。

7.その他、各種イベント等への参加
ひきこもり当事者が外の世界に興味を持ったり、一歩踏み出すためのきっかけとして、当センターや他の支援団体が実施する各種イベント、ボランティア活動、単発アルバイトなどに参加することができます。訪問支援員も同行し、場になじめるよう他者とコミュニケーションをとるためのきっかけづくりをしたり、やり方や作業の補助をするなど、初めて参加する方が安心して参加できるようにサポートをしています。本格的に社会と関わりる前のプレ的な関わり方、仲間づくりや居場所としてご利用いただいております。(月1回程度)

8.訪問支援の終結
家庭訪問を重ね一定の期間(6~12か月程度)をかけても当事者に合えない場合、タイミングを見てドア越しの声がけから直接アプローチの方法へ支援を変えていきます。当事者と直接接触を図る中で家族の気持ちを訪問支援員を通じて当事者へ直接伝え、いかにしてひきこもり状態から脱却するかを当事者、家族、支援者で考えていきます。

9.社会参加・他支援機関へのつなぎ
当事者と会話が可能な関係ができ、ひきこもり当事者が社会参加や他の支援機関の支援を決意するなど、これからの方向性が定まった時点で、適切な公的支援機関や医療機関などへ繋ぎ、家庭訪問支援は終了します。
※その後は公的機関の支援や医療機関での各種支援、治療となりますが、YYSCの訪問支援員の同行が必要な場合は、訪問支援が継続となる場合があります。

 

費用

  • 月1回までの相談 1時間/回 無料
  • 相談(月2回目以降) 1時間/回 5,000円
  • 訪問支援登録料(インテーク面談、支援計画立案等) 38,000円(初回のみ)
  • 訪問支援料(家庭訪問による支援) 18,000円/回、90分程度
  • 交通費 別途ご請求(1km/25円)

※交通費以外は全て税抜き価格です。
※お支払いは銀行振り込みとなります。
※回数や費用は変更になる場合があります。