相談や各種支援は、以下の4通りで行っています。

15歳~39歳までの若年未就業者への支援

現在働いている方への生活相談・就労相談支援

各種職業訓練

生活困窮者に対する支援

 

15歳~39歳までの若年未就業者への支援

 お近くの地域若者サポートステーションで支援を受けることができます。
地域若者サポートステーション(通称サポステ)は、 働くことに踏み出したい若者たちとじっくりと向き合い、 本人やご家族の方々だけでは解決が難しい「働き出す力」を引き出し、 「職場定着するまで」を全面的にバックアップする厚生労働省委託の支援機関です。

厚生労働省 ホームページ

山梨県内の地域若者サポートステーションは中央市と富士吉田市の2か所にあります。
15歳から39歳までの無業者であれば、どなたでも支援を受けることができます(学生を除く)。ご利用は無料です。
詳しくは下記ホームページをご覧ください。

やまなし・ぐんない若者サポートステーション

 

現在働いている方への生活相談・就労相談支援

 働く方の生活相談や就労相談を行っています。
キャリアコンサルタントや産業カウンセラー、ファイナンシャルプランナー、行政書士などの資格を持つ職員が対応いたします。
初回の相談費用は無料です。お気軽にご相談ください。
守秘義務を持つ専門職員が相談対応いたしますので、個人情報などプライバシーは守られます。

【相談対応について】
●相談日 月曜日~金曜日 9:00~18:00
●予約電話 055-274-7722
 ※電話でのご相談は受け付けておりません。
●費用
 ・初回無料(1時間程度)※有資格者の指名はできません。
 ・2回目以降 5,000円/時間

【相談の流れ】
1.電話予約
 相談を希望する際は、お電話でご予約下さい。相談の日時を調整し相談日を決めます。
2.来所
 当協会へお越しいただき、受付で初回登録(2回目以降は受付)をしていただきます。
3.相談
 受付がすみましたら相談ブースへ移動し、相談対応を行います。

 

 

各種職業訓練

【公共職業訓練、求職者支援訓練】

 国や県が主催する職業訓練を実施しています。「就職するためにパソコンやオフィスソフトの操作を学びたい」「専門的なパソコンのスキルを身に付けて仕事のステップアップをしたい」と言う方に向けた各種研修や訓練などを受けることができます。
 パソコンの基礎、オフィスソフトの使い方など、職場で必要とされるパソコンスキルを学ぶコースや、ホームページ制作、ネットショップ管理などのITスキル、そのほか、簿記や介護職などの専門スキルを学ぶことができます。

 ●ハロートレーニングコース情報検索

 ●当協会が実施する職業訓練

【集中訓練プログラム】

 地域若者サポートステーションが実施する、就職のための基礎訓練プログラムです。1か月半にわたり、ビジネスマナーや応募書類作成、面接練習などの基本的な就職スキルから、職場で必要なパソコンスキル、職業人意識、社会人基礎力を高める講座を集中的に行います。4泊5日の宿泊研修(県立八ヶ岳少年自然の家で実施)では、規則正しい生活のリズムやコミュニケーション力、チームワーク力など職場で求められるスキルを身に付けたり、野外炊事やハイキングでの体力づくりなど、生活に必要な力をつけることを目的とした講座などを行っています。

 ●集中訓練プログラムについて

 

 

生活困窮者に対する支援

各市町村に設置された「生活困窮者自立相談支援制度」に基づく機関の窓口へのつなぎを行っています。

現在、各市町村と連携がとれるよう、準備を進めています。

 ●都留市 生活相談窓口 いきいきプラザ都留内 電話 0554-46-5112 <HP>

 ●南アルプス市 福祉総合相談課 電話 055-282-7250 <HP>