若者サポートステーションとは

若者サポートステーションの目的

やまなし・ぐんない 若者サポートステーションでは、働くことに悩みを抱えている15歳~39歳までの若者に対し、就職を目指す上で、働くことに対して不安を持っている、就活に踏み出せない、久しぶりに社会に出た、話を聞いてくれる人がほしい、相談できる場所がほしい、仲間づくりをしたい、など若者が抱える悩みを支援することを目的としています。

・働きたいけど、その一歩が踏み出せない。
・人間関係につまづき、働く自信がない。
・コミュニケーションが苦手で、職場で働けるか不安。
・卒業や退職後、就職までのブランクが長くなってしまった。

というような、働くことや自立について悩みを抱える方や、そのご家族が対象です。
また、学校を中退した方、中退をお考えの方の相談も承っております。

 

プラットホームとしての機能

当サポステでは、若者のプラットホーム(土台)を提供することも目的の一つとしています。

・就職をしたい。けれども、相談する人がいない。
・就活をしているが上手くいかず、一人でいると心がおれそう。
・会社や学校をやめたが、この先が不安。

一人で悩まず、ぜひ相談を。心よりお待ちしております。

 

ご利用エリアについて

山梨県内には、2か所の地域若者サポートステーションがあります。
お住まいの地域でお近くの若者サポートステーションをご利用ください。
また、ご相談の状況等により、どちらの施設もご利用いただけます。
ご不明な場合は、お気軽にお問い合わせください。